タベア・ツィンマーマンとモーツァルトの協奏交響曲を共演

カラヤン・アカデミー奨学生
タベア・ツィンマーマン

ノア・ベンディックス=バルグリー

  • ヨハネス・ブラームス
    セレナーデ第2番ト長調

  • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
    弦楽八重奏のための2つの小品

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調

    ノア・ベンディックス=バルグリー(ヴァイオリン), タベア・ツィンマーマン(ヴィオラと指揮)

  • 開演約30分前から:2020/21年シーズン「アーティスト・イン・レジデンス」タベア・ツィンマーマンのドキュメンタリー

この公演では2020/21年シーズンのアーティスト・イン・レジデンス、タベア・ツィンマーマンの2つの顔をご覧いただけます。自らヴィオラ独奏を務めるモーツァルトの協奏交響曲では、ベルリン・フィル第1コンサートマスターのノア・ベンディクス=バルグリーによるヴァイオリン独奏と名人芸的な掛け合いをお楽しみいただけるでしょう。またツィンマーマンは指導者として、カラヤン・アカデミーの奨学生たちとブラームス「セレナード第2番」とショスタコーヴィチ「弦楽八重奏のための2つの小品」のリハーサルを行っています。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する