ヤノフスキとベンディックス=バルグリーがブルッフで共演

2020年はベートーヴェン・イヤーとして様々なコンサートが行われていますが、同時にブルッフの没後100周年にも当たります。これを記念して、ベルリン・フィル第1コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーが、彼のもっとも有名な作品であるヴァイオリン協奏曲第1番を演奏しました。後半の主役はブルッフの同時代人だったブラームス。セレナード第2番はブラームス特有の暗く、あたたかい響きに刻印されており、後に交響曲作家となる彼の内面の進化の過程を知る上で重要な作品といえます。指揮はマレク・ヤノフスキです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

マレク・ヤノフスキ

ノア・ベンディックス=バルグリー

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー