ペトレンコがB・A・ツィンマーマン、ルトスワフスキ、ブラームスを指揮

交響曲の伝統を引き継ぐためには、自信と創造性が必要といえます。この公演では、キリル・ペトレンコがこの試みに挑んだ2人の作曲家を紹介します。ルトスワフスキの華麗なヴィルトゥオーゾ風の交響曲第1番、そしてブラームスが自ら「愛すべき怪物」と評した二面性を持つ交響曲第2番。コンサート冒頭を飾ったのは、B・A・ツィンマーマンの《フォトプトシス》です。首席指揮者のキリル・ペトレンコは、「絶対的に決然としたオーラを放ちながら、官能的でもある」(『デア・ターゲスシュピーゲル』紙)と評されたように、ベルリン・フィルを巧みにドライブしました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー