2021/22年シーズン開幕演奏会:ペトレンコがシューベルト《グレート》を指揮

2021年8月27日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
キリル・ペトレンコ

  • カール・マリア・フォン・ウェーバー
    《オベロン》序曲 (11分)

  • パウル・ヒンデミット
    ウェーバーの主題による交響的変容 (23分)

  • フランツ・シューベルト
    交響曲第8番ハ長調《グレート》 (62分)

  • 無料映像

    キリル・ペトレンコ(聞き手:シュテファン・ドール) (16分)

キリル・ペトレンコはベルリン・フィルとの新シーズン開幕をロマン派の世界で飾りました。メインとなるのは、シューベルトの交響曲第8番《グレート》。さらに、ウェーバーの《オベロン》序曲、この作曲家からヒンデミットが啓発を受けて書いた「ウェーバーの主題による交響的変容」が取り上げられています。「ペトレンコは身も心も燃え上がるような巨大な芸術的エネルギーで、オーケストラを高いテンションに導いた」(『ジュートドイチェ・ツァイトゥング』紙)。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する