オラモとヤンセンがシベリウスのヴァイオリン協奏曲で共演

サカリ・オラモ指揮の公演は、北欧の音楽がテーマになります。まずジャニーヌ・ヤンセンをソリストに迎えた、シベリウスのヴァイオリン協奏曲。ヤンセンは、この作品の持つ荒々しさと哀愁のある音色を、リスクを負う勇気とともに味わい尽くしました。メインプログラムは、デンマークの作曲家ルーズ・ランゴーの交響曲第1番。これは後期ロマン派の作風による上演稀少な作品で、1913年にベルリン・フィルによって初演されています。今回それ以来となる貴重な上演が実現しました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サカリ・オラモ

ジャニーヌ・ヤンセン

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー