P・ヤルヴィがヤンセンとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で共演

パーヴォ・ヤルヴィ指揮のコンサートでは、ソリストにオランダ出身のヴァイオリニスト、ジャニーヌ・ヤンセンを迎えました。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲では、彼女の輝かしい技巧と円熟味あふれる歌い回しが聴きもの。メインプロはシューマンの交響曲第3番《ライン》。北欧出身のヤルヴィらしく、シベリウス晩年の名作、交響詩《タピオラ》が冒頭に置かれます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

パーヴォ・ヤルヴィ

ジャニーヌ・ヤンセン

コンサート解説

© 2019 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー