P・ヤルヴィがヤンセンとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で共演

P・ヤルヴィがヤンセンとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で共演
この映像は現在編集中です。近日中にアップされます。

2019年10月12日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
パーヴォ・ヤルヴィ

ジャニーヌ・ヤンセン

  • ジャン・シベリウス
    交響詩《タピオラ》 (20分)

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    ヴァイオリン協奏曲ニ長調 (40分)

    ジャニーヌ・ヤンセンヴァイオリン

  • ヨハン・セバスティアン・バッハ
    無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調よりサラバンド (4分)

    ジャニーヌ・ヤンセン

  • ローベルト・シューマン
    交響曲第3番変ホ長調《ライン》 (36分)

  • 無料映像

    パーヴォ・ヤルヴィ(聞き手:サラ・ウィリス) (18分)

パーヴォ・ヤルヴィ指揮のコンサートでは、ソリストにオランダ出身のヴァイオリニスト、ジャニーヌ・ヤンセンを迎えます。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲では、彼女の輝かしい技巧と円熟味あふれる歌い回しに期待がかかります。メインプロはシューマンの交響曲第3番《ライン》。北欧出身のヤルヴィらしく、シベリウス晩年の名作、交響詩《タピオラ》が冒頭に置かれます。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する