ペトレンコがシベリウス、ヤナーチェク、ヴァスクス、シルヴェストロフを指揮

首席指揮者キリル・ペトレンコとベルリン・フィルの共演で、ウクライナ、フィンランド、チェコ、ラトビアの作曲家の作品をお届けします。ラトビアのリエパーヤで行われたヨーロッパ・コンサート2022でも演奏されたこのプログラムには、ウクライナにおける戦争を考慮し、ペテリス・ヴァスクスとヴァレンティン・シルヴェストロフによる弦楽器曲が並んでいます。コンサートの最後には、ヨーロッパの連帯を表現するためにジャン・シベリウスの《フィンランディア》が演奏されました。その輝かしい金管の響きは、自由と自決の希望を象徴しています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー