ドキュメンタリー

概要

アルブレヒト・マイヤーは、1992年に入団して以来、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者として活躍するだけでなく、世界的なソリストとしても知られています。彼の楽器は、ルートヴィヒ・フランクと彼自身によって開発された「アルブレヒト・マイヤー・モデル」。マイヤーはここで、なぜオーボエがもっとも難しい楽器に数えられるのかをユーモアを交えながら説明しています。コンサート前の慣例として知られるオーボエから始まるチューニングについては、率直な意見を吐露。R・シュトラウスのオーボエ協奏曲やブラームスのヴァイオリン協奏曲のソロなど、時折挿入される美しい演奏シーンも聴きものです。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー