ポートレート:ガボール・タルケヴィ(日本語字幕付き)

トランペットは、オーケストラのなかでも特に強い集中力と神経を要求される楽器といえるでしょう。2005年から2019年までベルリン・フィルのソロ・トランペット奏者を務めたガボール・タルケヴィは、「ベルリン・フィル団員とその楽器たち」シリーズの中でその重い責任について語っています。さらに、金メッキと銀メッキ楽器の響きの違い、生まれ故郷であるハンガリーの村の民謡、そして民謡が強く反映されているマーラーの交響曲への愛についても言及しています。

監督: ト―ベン・ヤーコブセン (2018)

ガボール・タルケヴィ

© 2018 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー