ポートレート:ソレーヌ・ケーマレック

チェロ奏者のソレーヌ・ケーマレックは、最初はコントラバスを習おうとしていたそうです。しかし、故郷であるフランスのブレストの音楽学校で、当時5歳の彼女は小さいチェロから始めるように勧められました。パリ、ブダペスト、ベルリンで学んだ後、23歳の時にベルリン・フィルで初めてオーケストラの一員となったケーマレックは、自身が語るように、この楽団に「ホーム」を見出すに至ります。また、ケルマーレックが、ソロよりもグループで演奏することを好む理由や、音色に対する考え方、さらに音楽以外に夢中になっていることなどをこのポートレートの中で語っています。

監督: ト―ベン・ヤーコブセン (2021)

ソレーヌ・ケーマレック

© 2021 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー