映画『ベルリン・フィル・ヒストリー』第1部:初期の時代

デジタル・コンサートホールのためだけに制作されたこのシリーズでは、ベルリン・フィルの現代の証言者たちが、オーケストラの歴史やかつての首席指揮者、音楽解釈の発展について振り返ります。第1部ではその初期の時代、アルトゥール・ニキシュ指揮による最初の録音、そして何よりもヴィルヘルム・フルトヴェングラーに焦点を当てています。この指揮者はどのようにして独自の芸術を築き上げたのでしょうか。その後のカラヤン時代の到来によって何が変わったのかについても語られます。

監督: エリック・シュルツ (2021)

© 2021 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー