ポートレート:シュテファン・ドール(日本語字幕付き)

1993年からベルリン・フィルのソロ・ホルン奏者を務めるシュテファン・ドールは、この楽器の指折りの奏者です。「ホルンは金管と木管を結びつける音色を持ち、あらゆるものを少しずつ内包している」と語るドール。その彼が、シリーズ「ベルリン・フィル団員とその楽器」で、ホルンの魅力から吹く時の心構え、さらに楽器の日々の手入れまでをざっくばらんに語ります。そのあたたかく奥行きの深い音色ゆえに、ロマン派の音楽と深い関係にあるホルンですが、ドールは現代音楽への興味も旺盛。デジタル・コンサートホールでの名ソロのシーンとともにご覧ください。

監督: ト―ベン・ヤーコブセン (2017)

シュテファン・ドール

概要

© 2017 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー