インタビュー
2014年1月25日

ズービン・メータ(聞き手:マルティン・シュテーグナー) (11分)

2014年1月20日に、クラウディオ・アバドが80歳で亡くなりました。ベルリン・フィルは、前首席指揮者の彼に、深い哀悼の意を表します。1月23~25日の演奏会は、彼を追悼する演奏会として行われました。指揮は、アバドと40年以上にわたって友人関係にあったズービン・メータが行います。予定されていた演奏曲目(R・シュトラウスの《英雄の生涯》、ベートーヴェンの《皇帝》)に加えて、コンサートの冒頭には、マーラーの交響曲第5番より第4楽章アダージェットが演奏されました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴィオラ奏者、マルティン・シュテーグナーです。

コンサート