ヴァレリー・ゲルギエフ(聞き手:ヴィルフリート・シュトレーレ)

2010/11年シーズン、ベルリン・フィルはロシア音楽をテーマのひとつとしましたが、現代ロシア指揮界を代表する存在として真っ先に挙がるのが、ヴァレリー・ゲルギエフでしょう。2000年以来、実に10年ぶりのベルリン・フィルとの共演となりました。メインはムソルグスキーの傑作《展覧会の絵》。ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」では、デニス・マツーエフがベルリン・フィルにデビューを果たしました。インタビューでは、ベルリン・フィルのソロ・ヴィオラ奏者、ヴィルフリート・シュトレーレが聞き手を務めています。

© 2010 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー