インタビュー
2020年11月11日

キリル・ペトレンコ(聞き手:ノア・ベンディックス=バルグリー) (19分)

10月末の交響曲第9番に続き、ベルリン・フィルと首席指揮者のキリル・ペトレンコは、ショスタコーヴィチの交響曲第8番を無観客公演にて上演しました。第2次世界大戦の最中に書かれたこの交響曲は、悲しみと絶望、そして美しさと希望に刻印されています。デジタル・コンサートホールのために自主的に企画されたこの公演は、コンサートホールが閉鎖された時期の架け橋となることを目的に、音楽を愛する世界中の人々に向けられたものです。インタビューの聞き手は、第1コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーです。

コンサート