インタビュー
2011年2月12日

細川俊夫(聞き手:シュテファン・ドール) (10分)

2011年2月中旬の演奏会の大きな話題は、細川俊夫のホルン協奏曲《開花の時》がサー・サイモン・ラトルにより世界初演されたことでした。ベルリン・フィルではこれまでにも日本人の作品を演奏していますが、今回はベルリン・フィル自身による委嘱作品であり、国際的にも大きく注目されるものと言えるでしょう。ソロは、当団のソロ・ホルン奏者シュテファン・ドールが担当します。これを取り巻くのが古典期から初期ロマン派を代表する交響曲、ハイドンの交響曲第99番とシューベルトの《グレイト》です。インタビューでは、ベルリン・フィルのソロ・ホルン奏者、シュテファン・ドールが聞き手を務めています。

コンサート