2011年2月12日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

シュテファン・ドール

  • ヨーゼフ・ハイドン
    交響曲第99番 (27分)

  • 細川俊夫
    ホルン協奏曲《開花の時》(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、バービカン・センター、アムステルダム・コンセルトヘボウ委嘱作品) (20分)

    シュテファン・ドールホルン

  • フランツ・シューベルト
    交響曲第8番ハ長調《グレート》 (58分)

  • 無料映像

    細川俊夫(聞き手:シュテファン・ドール) (10分)

  • 無料映像

    シュテファン・ドール(聞き手:サラ・ウィリス) (11分)

2011年2月中旬の演奏会の大きな話題は、細川俊夫のホルン協奏曲《開花の時》がサー・サイモン・ラトルにより世界初演されたことでした。ベルリン・フィルではこれまでにも日本人の作品を演奏していますが、今回はベルリン・フィル自身による委嘱作品であり、国際的にも大きく注目されるものと言えるでしょう。ソロは、当団のソロ・ホルン奏者シュテファン・ドールが担当します。

これを取り巻くのは、古典期から初期ロマン派を代表する交響曲。ハイドンの交響曲第99番では、この作曲家を得意とするラトルの機知を、シューベルトの《グレイト》では、EMIから発売されているCDを越える更なる成熟が聴きとれます。

EMISir Simon Rattle appears by kind permission of EMI Classics.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する