インタビュー
2013年8月23日

サー・サイモン・ラトル、2013/14年シーズンについて語る (18分)

ベルリン・フィルの2013/14シーズンは、モーツァルトの「3大交響曲」で幕を開けました。E.T.A.ホフマンが「冥府の深みへと導く音楽」と評した第39番、とりわけ人気の高い第40番、そして18世紀の器楽音楽の真髄と言える第41番《ジュピター》と、モーツァルトは自分のあらゆる作曲技法を注ぎ込み古典派交響曲の最高傑作を書き上げました。サー・サイモン・ラトル指揮による演奏をお楽しみください。

コンサート