インタビュー
2017年5月13日

ゴーティエ・カプソン(聞き手:サラ・ウィリス) (13分)

セミヨン・ビシュコフ指揮のこの演奏会では、R・シュトラウスの《英雄の生涯》が上演されています。ビシュコフは、この作曲家に深い愛情を抱き、既に《エレクトラ》、《ダフネ》等のオペラ、「家庭交響曲」、「アルプス交響曲」等のシンフォニーを録音しています。ベルリン・フィルでも過去に《ドン・キホーテ》を振った経験があり、今回の《英雄の生涯》は真打ちのレパートリーと呼べるでしょう。なお、ショスタコーヴィチの「チェロ協奏曲第1番」で登場するのは、フランスの若手ゴーティエ・カプソン。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスです。

コンサート