インタビュー
2013年12月6日

グスターボ・ドゥダメル(聞き手:エディクソン・ルイス) (9分)

「私が知る中で、もっとも才能に溢れ、魅力的な指揮者だ」とサー・サイモン・ラトルに評された、ベネズエラ出身のグスターボ・ドゥダメルが客演します。ここで指揮したのは、ストラヴィンスキーの小管弦楽のための組曲第1番と第2番のほか、シューベルトとベートーヴェンの交響曲第4番。比較的小編成のオーケストラによる、室内楽的なプログラムです。若きドゥダメルの颯爽とした指揮でお楽しみください。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのコントラバス奏者、エディクソン・ルイスです。

コンサート