インタビュー
2015年3月6日

イザベル・ファウスト(聞き手:ヴィーラント・ヴェルツェル) (7分)

ベルナルト・ハイティンク指揮によるヴァイオリン協奏曲と交響曲第6番《田園》のオール・ベートーヴェン・プログラムをお届けします。ソリストは今、最も注目を集めるヴァイオリニストのひとりであるイザベル・ファウストです。『ニューヨーク・タイムズ』紙は、「彼女の音からは、情熱、強い意志、感情の高まり、さらには、心を和ませる温もりと美しさまでも感じ取ることができる」と評しました。古楽の影響を受けたフレージングに、彼女の鋭い知性とセンスを感じます。なおカデンツァは、同曲の作曲家自身によるピアノ協奏曲版をヴァイオリン用に移し替えたもの(クリスティアン・テツラフ編)です。ハイティンクの《田園》も、心に染みる美しい演奏で、シーズンのハイライトのひとつ。こちらも必聴の内容となっています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのティンパニ奏者、ヴィーラント・ヴェルツェルです。

コンサート