インタビュー
2015年12月6日

ティル・フェルナー(聞き手:クヌート・ヴェーバー) (12分)

ベルナルド・ハイティンクが、ブルックナーの交響曲第9番を指揮しました。これまでベルリン・フィルで様々なブルックナーの作品を振ってきた彼ですが、やはり真打ちはこの「第9」でしょう。円熟、枯淡の演奏に深く打たれます。一方、モーツァルトのピアノ協奏曲第25番でデビューを飾ったのは、ウィーン生まれのティル・フェルナーです。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのチェロ奏者、クヌート・ヴェーバーです。

コンサート