インタビュー
2016年4月23日

ジャン=イヴ・ティボーデ(聞き手:アンドレアス・オッテンザマー) (17分)

トゥガン・ソヒエフのフランス・プロです。中心となるのは、フランクの交響曲ニ短調。仏系交響曲としては、ほぼ唯一スタンダード・レパートリーとして定着した名作で、古くはフルトヴェングラーが好んで指揮しました。一方、フォーレの《ペレアスとメリザンド》は、メーテルランクの名作にインスピレーションを受けた最初の作品に数えられます。ラヴェルのピアノ協奏曲では、フランスのピアニスト、ジャン=イヴ・ティボーデが登場しています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・クラリネット奏者、アンドレアス・オッテンザマーです。

コンサート