インタビュー
2012年3月17日

ズービン・メータによる作品解説 (11分)

2011/12年シーズン、ベルリン・フィル・デビュー50周年を迎えたズービン・メータですが、ブルックナーの交響曲第8番を指揮した当公演でも円熟の名演を聴かせています。他の同時代人と同様、交響曲第8番の初演(1892年12月)を体験したフーゴー・ヴォルフは、この作品に強い印象を受けました。彼は、「本作は、まさに巨匠の作品であり、その精神的大きさ、内容の豊かさ、偉大さにおいて、彼のどの交響曲にも勝っている」と記しています。

コンサート