インタビュー
2018年4月27日

ヴェンツェル・フックス(聞き手:樫本大進) (18分)

アラン・ギルバート指揮の当演奏会のハイライトは、モーツァルトのクラリネット協奏曲でしょう。ベルリン・フィル、ソロ・クラリネット奏者のヴェンツェル・フックスが、この名曲を披露しました。一方ギルバートは、ドビュッシーの《映像》とアデスの「クープランによる3つの習作」を指揮。アデスは現代イギリスを代表する作曲家で、ベルリン・フィルではサイモン・ラトルがその作品を数多く取り上げています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィル第1コンサートマスターの樫本大進です。

コンサート