インタビュー
2013年1月18日

マレイ・ペライア(聞き手:サラ・ウィリス) (9分)

マレイ・ペライアとベルリン・フィルとの結び付きは、1977年にリッカルド・ムーティ指揮でモーツァルトのピアノ協奏曲第20番を共演して以来、35年以上に上ります。この演奏会で、ペライアは初めてソリストとしてだけでなく、指揮者としてもベルリン・フィルと共演しました。モーツァルトのピアノ協奏曲第27番と、取り上げられる機会は極めて稀なシューベルトの《グラン・デュオ》(ヨーゼフ・ヨアヒム編曲版)の2曲をお楽しみください。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスです。

コンサート