インタビュー
2019年3月23日

へルムート・ラッヘンマン(聞き手:サラ・ウィリス) (17分)

サイモン・ラトルがベルリン・フィルに帰還した演奏会の曲目に選ばれたのが、ドイツ現代作曲家界の巨匠ヘルムート・ラッヘンマンの近作《マイ・メロディーズ》(2016年)でした。8本のホルンをソロとする35分ほどの作品ですが、さすがはラッヘンマンだけあって、「難解」という印象を超えた密度と完成度を感じさせる作品です。こちらのインタビューでは、ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスが聞き手を務めています。

コンサート