ピエール=ロラン・エマール(聞き手:シュテファン・コンツ)

フランソワ=グサヴィエ・ロト指揮のコンサートは、ハイドンの交響曲第59番からバルトーク、さらにヴァレーズの《アルカナ》まで、極めて多彩な内容です。バルトークの白鳥の歌となったピアノ協奏曲第3番では、ピエール=ロラン・エマールが独奏を務めました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのチェロ奏者、シュテファン・コンツです。

© 2019 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー