インタビュー
2020年5月27日

キリル・ペトレンコ(聞き手:フィリップ・ボーネン) (11分)

大きな反響を呼んだヨーロッパ・コンサートの後、キリル・ペトレンコが再びベルリン・フィルのメンバーたちとフィルハーモニーにて無観客公演を行いました。今回のテーマは世紀末から1920年代にかけて生まれた作品。後期ロマン派の雰囲気に刻印されたシェーンベルクの《浄夜》、フランスの近代音楽の出発点となったドビュッシーの《牧神の午後への前奏曲》、そしてヒンデミットによる機知に富んだ室内音楽第1番というプログラムです。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴァイオリン奏者、フィリップ・ボーネンです。

コンサート