キリル・ペトレンコ(聞き手:シュテファン・ドール)

キリル・ペトレンコはベルリン・フィルとの新シーズン開幕をロマン派の世界で飾りました。メインとなるのは、シューベルトの交響曲第8番《グレート》。さらに、ウェーバーの《オベロン》序曲、この作曲家からヒンデミットが啓発を受けて書いた「ウェーバーの主題による交響的変容」が取り上げられています。インタビューの聞き手は、ソロ・ホルン奏者のシュテファン・ドールです。

© 2021 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー