お馴染みの曲をひと味違った「編曲版」で!

クラシックの歴史では、原曲を別の編成に組みなおす編曲版や、テーマをさらに展開させる幻想曲が数多く作られました。ここでは、そのなかで特に興味深く魅力的な例をご紹介。シェーンベルクは、ブラームスのピアノ四重奏曲をオーケストラに移し替え、サラサーテは、ビゼーの《カルメン》を技巧的なヴァイオリン・ファンタジーに編み直しました。はたまたベリオは、シューベルトの未完の交響曲を「続けて作曲」しています。ひと味違った「編曲もの」の魅力を体験!

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー