コンサート

コンサート解説

ヘルベルト・フォン・カラヤンは、シンフォニー・レパートリーの大曲のみならず、ポピュラーな小品の解釈においても抜群の強みを発揮した指揮者でした。カラヤンが人気の高いオペラの序曲や間奏曲などの演奏に、どれだけの入念さと愛情を注いでいたかは、ベルリン・フィルの団員にとっても驚きだったようです。1960年代にオペラの間奏曲集を録音した際、ある団員はこう語りました。「仮に、カラヤンの真横に爆弾が飛んだとしても、彼はそれに気付かなかったでしょう。それほど音楽にのめり込んでいたのです」

マスカーニの間奏曲も、カラヤンの愛奏曲の1つでした。1943年、ミラノ・スカラ座における《友人フリッツ》の再演のリハーサルで、彼は作曲家の指揮に直に接しています。老マスカーニは病気だったにも関わらず指揮台に立ち、この間奏曲を自ら指揮しました。カラヤンは、当時の様子をこう回想しています。「彼が指揮棒を振り上げた瞬間、誰もが予期し得なかったものすごい音が鳴り響いたのです。私はそれを決して忘れることができません」

この1978年大晦日のジルベスター・コンサートで、カラヤンはヴェルディやビゼー、リストらのポピュラーな作品を披露しました。大きな病を克服した直後だけに、指揮の動きは制限されるようになったものの、十八番だった小品群を表現する様は圧巻です。 

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー