コンサート

コンサート解説

ラトルのマーラー・ツィクルスもすでに「交響曲第4番」に到達しましたが、この演奏会ではストラヴィンスキーの《ミューズの神を率いるアポロ》との組み合わせで演奏されました。両曲とも、古典主義的なシンプルさを示す作品であり、ラトルのプログラミングが光ります。

マーラーは第3交響曲で、100分にわたる音の伽藍を築き上げましたが、ここでは比較的小規模な編成で、60分ほどの作品にまとめています。終楽章はソプラノ・ソロによる民謡風の愛らしい歌曲ですが、牧歌の背後には、マーラー特有のアイロニーが隠されていると言われます。この演奏会では、ドイツを代表するリリック・ソプラノ、クリスティーネ・シェーファーがソロを務めます。

また《ミューズの神を率いるアポロ》も、《春の祭典》で音楽界を揺るがしたストラヴィンスキーが、一転して17世紀フランスの音楽に依拠して書いた作品です。ほとんど静謐ともいえるバランス感覚を示しており、その審美性はカメレオン・コンポーザーの面目躍如と言えるでしょう。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー