2005年ヨーロッパ・コンサート:ラトル&カヴァコスのバルトークとストラヴィンスキー

2005年5月1日
ヨーロッパ・コンサート2005(ブダペスト)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

レオニダス・カヴァコス

  • エクトル・ベルリオーズ
    《海賊》序曲 (10分)

  • ベラ・バルトーク
    ヴァイオリン協奏曲第2番 (40分)

    レオニダス・カヴァコスヴァイオリン

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    バレエ《火の鳥》全曲 (52分)

2005年のヨーロッパ・コンサートは、ブダペストで行われました。ラトル指揮、ハンガリー国立歌劇場での演奏会のソリストは、レオニダス・カヴァコス。彼はベルリン・フィル2012/13年シーズンのアーティスト・イン・レジデンスに選ばれていますが、デビューは2003年。この演奏会は、ベルリン・フィルとの2回目の共演でした。バルトークの第2協奏曲で聴かせる真摯な音調にご注目ください。メインプログラムは、ストラヴィンスキーの《火の鳥》全曲です。

EuroArtsRecorded at the State Opera, Budapest
© 2005 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する