ラトルがメシアンのトゥーランガリラ交響曲を指揮

サイモン・ラトルがメシアンの畢生の大作、トゥーランガリラ交響曲を指揮しました。オンド・マルトノのトリスタン・ミライユに加えて、複雑でヴィルトゥオーゾ的な要素の高いピアノパートにフランスの名手、ピエール=ロラン・エマールを迎えているのが注目されます。もう1曲は、ワーグナーの《トリスタンとイゾルデ》より前奏曲とイゾルデの愛の死です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

ピエール=ロラン・エマール

トリスタン・ミライユ

© 2008 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー