シェリー指揮のブンデスユーゲント管がフィルハーモニーに客演

ドイツ・ユース・オケの代表的存在であるブンデスユーゲント管弦楽団が、アレクサンダー・シェリー指揮のもと、フィルハーモニーに客演しました。デュカスの《魔法使いの弟子》、マクミランの《Exsultet》、ハイドンの交響曲第30番《アレルヤ》での、ブンデスユーゲントバレエとの共演にも注目が集まります。ドイツで音楽を学ぶ15〜19歳の若者によるエネルギッシュな演奏にご注目ください。

ブンデスユーゲント管弦楽団

アレクサンダー・シェリー

ブンデス・ユーゲント・バレエ

コンサート解説

© 2014 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー