2015年5月1日
ヨーロッパ・コンサート2015(アテネ)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • ジョアキーノ・ロッシーニ
    《セミラーミデ》序曲 (12分)

  • ジャン・シベリウス
    ヴァイオリン協奏曲ニ短調 (38分)

    レオニダス・カヴァコス

  • ヨハン・セバスティアン・バッハ
    無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調よりラルゴ (4分)

  • ローベルト・シューマン
    交響曲第3番変ホ長調《ライン》 (34分)

【この演奏会は、契約の都合により日本国内ではご視聴いただけません】2015年のヨーロッパ・コンサートはギリシャのアテネが舞台です。サー・サイモン・ラトルの指揮、そしてギリシャ出身のスターヴァイオリニスト、レオニダス・カヴァコスを迎えて行われました。

コンサートはロッシーニの軽快な《セミラーミデ》序曲で幕を開けます。続くシベリウスのヴァイオリン協奏曲では、カヴァコスが流麗なソロを披露。ラトルとカヴァコスはこの年の2月にベルリンで行われたシベリウス・ツィクルスの一環でも共演しており、ここでも息の合った演奏を聴かせてくれます。メインはシューマンの交響曲第3番《ライン》。ここ数年来、ラトルがストックホルム、ニューヨークなど多くのツアーで指揮してきたいわば名刺代わりのレパートリーと言えるでしょう。「ヨーロッパ」という言葉の語源にもなったギリシャでのヨーロッパ・コンサートをお楽しみください。

EuroArtsRecorded at the Megaron, Athens
© 2015 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する