コンサート

コンサート解説

2015年のヨーロッパ・コンサートはギリシャのアテネが舞台です。サー・サイモン・ラトルの指揮、そしてギリシャ出身のスターヴァイオリニスト、レオニダス・カヴァコスを迎えて行われました。

コンサートはロッシーニの軽快な《セミラーミデ》序曲で幕を開けます。続くシベリウスのヴァイオリン協奏曲では、カヴァコスが流麗なソロを披露。ラトルとカヴァコスはこの年の2月にベルリンで行われたシベリウス・ツィクルスの一環でも共演しており、ここでも息の合った演奏を聴かせてくれます。メインはシューマンの交響曲第3番《ライン》。ここ数年来、ラトルがストックホルム、ニューヨークなど多くのツアーで指揮してきたいわば名刺代わりのレパートリーと言えるでしょう。「ヨーロッパ」という言葉の語源にもなったギリシャでのヨーロッパ・コンサートをお楽しみください。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー