ヴァルトビューネ・コンサート2015はハリウッド映画音楽特集

2015年6月28日
ヴァルトビューネ・コンサート2015

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • アルフレッド・ニューマン · ブロニスラフ・カーパー
    20 世紀フォックス・ファンファーレ/映画《戦艦バウンティ》より序曲 (5分)

  • デイヴィッド・ラクシン
    映画《ローラ殺人事件》よりテーマ曲「ローラ」 (6分)

  • ジェローム・モロス
    映画《大いなる西部》よりテーマ曲 (3分)

  • エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト
    映画《ロビン・フッドの冒険》よりシンフォニック・ポートレート (18分)

  • スコット・ブラッドリー
    映画《トムとジェリー》 (7分)

  • ミクロス・ロージャ
    映画《ベン・ハー》組曲 (9分)

  • ジョン・ウィリアムズ
    映画《レイダース/失われたアーク》よりレイダース・マーチ (6分)

  • ジョン・ウィリアムズ
    映画《E.T.》よりフライング・テーマ (5分)

  • ジョン・ウィリアムズ
    映画《スター・ウォーズ》よりメイン・タイトル (7分)

  • パウル・リンケ
    《ベルリンの風》 (5分)

2015年のヴァルトビューネでの野外コンサートでは、ベルリン・フィルでは異例となるハリウッド映画音楽がテーマに選ばれました。度々アカデミー賞を受賞したアルフレッド・ニューマンによる20世紀フォックス・ファンファーレで幕を開け、ミクロス・ローザによる映画《ベン・ハー》の組曲、そして映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズによる名高い《E.T.》や《スター・ウォーズ》など、誰もが知る音楽により2万人の聴衆は沸きに沸きました。コンサートの前半にはラン・ランをソリストに迎えて、グリーグのピアノ協奏曲が演奏されており、こちらも大きな聴きものになっています。

EuroArts

© 2015 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する