2007年のヴァルトビューネは「ラプソディー」!

2007年のヴァルトビューネ・コンサートのテーマには「ラプソディー」(狂詩曲)が選ばれました。この日のプログラムはさながら音楽によるヨーロッパ周遊紀行と呼べるでしょう。ドビュッシーにおけるベルリン・フィル首席奏者のヴェンツェル・フックスのクラリネット、ラフマニノフでのスティーヴン・ハフのピアノという2人のソロも大きな聴きものとなっています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

スティーヴン・ハフ

ヴェンツェル・フックス

コンサート解説

© 2007 EuroArts Music International

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー