ヴァルトビューネ2010:ルネ・フレミングの「愛の夜」

2010年のヴァルトビューネ・コンサートのスペシャル・ゲストは、アメリカのソプラノ、ルネ・フレミングです。メットの女王として絶頂期にあった彼女の豊麗な歌唱を、ヴァルトビューネのリラックスした雰囲気のなかでお楽しみいただけます。プログラムは、彼女の十八番、《ルサルカ》の〈月に寄せる歌〉、《カプリッチョ》最終場を含んでいます。ルーマニアの指揮者、イオン・マリンも歌を巧みにサポートしています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

イオン・マリン

ルネ・フレミング

© 2010 EuroArts Music International

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー