ラトルの指揮、セラーズの演出でドビュッシーの《ペレアスとメリザンド》を上演

サー・サイモン・ラトルがドビュッシーの《ペレアスとメリザンド》をピーター・セラーズの演出で上演しました。フィルハーモニーの舞台にセットを加え、歌手たちには本格的な演技が付されています。主役を歌うのは、クリスティアン・ゲルハーヘルとマグダレーナ・コジェナー。嫉妬と猜疑心にさいなまれるゴローは、ジェラルド・フィンリーが演じています。彼らの演技は現代的心理劇といったところで、「愛の不条理」を鋭いタッチで描き出しています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

マグダレーナ・コジェナー

ベルナルダ・フィンク

クリスティアン・ゲルハーヘル

フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ

ジェラルド・フィンリー

エリアス・メードラー

ピーター・セラーズ

コンサート解説

© 2015 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー