8月25日まで限定 「12ヵ月チケット10%割引」

2011年3月28日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

スティーグ・アナーセン, ハンナ・シュヴァルツ, エミリー・マギー, イエン・パターソン, パヴォル・ブレスリク

  • リヒャルト・シュトラウス
    楽劇《サロメ》(演奏会形式上演) (114分)

    スティーグ・アナーセンテノール/ヘロデス), ハンナ・シュヴァルツメゾソプラノ/ヘロディアス), エミリー・マギーソプラノ/サロメ), イエン・パターソンバスバリトン/ヨハナーン), パヴォル・ブレスリクTenor (Narraboth)), リナート・シャハムMezzo-Soprano (Page)), ブルクハルト・ウルリヒTenor (First Jew)), ベルンハルト・ベルヒトルトテノール/第2のユダヤ人), ティモシー・ロビンソンテノール/第3のユダヤ人), マルセル・ベークマンテノール/第4のユダヤ人), リヒャルト・ヴィーゴルトバス/第5のユダヤ人), ラインハルト・ハーゲンバス/第1のナザレ人), アンドレ・シューエンバスバリトン/第2のナザレ人・カッパドキア人), ガボール・ブレッツBass (First Soldier)), ヴィルヘルム・シュヴィングハンマーバス/第2の兵士

今年のザルツブルク・イースター音楽祭では、リヒャルト・シュトラウスの《サロメ》がサー・サイモン・ラトルの指揮で演奏されますが、ベルリンでも2回、演奏会形式で取り上げられました。今回は、アメリカ人ソプラノのエミリー・マギーが主演。彼女は、90年代にベルリン国立歌劇場を中心に活躍した後、現在はチューリヒ歌劇場で高い評価を獲得しています。近年、リヒャルト・シュトラウスで大きな成功を収めており、今回のサロメ役も国際的な注目を集めています。

ラトルにとっては、70年代にカラヤンが同じくザルツブルクで取り上げ、大成功を収めた作品だけに、力の入るところ。同時にベルリン・フィルの華麗な演奏能力も、万華鏡のようなオーケストレーションには打ってつけ。現在ベスト・コンディションにある彼らが、得意のシルキー・サウンドを聴かせています。

EMISir Simon Rattle appears by kind permission of EMI Classics.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する