ラトルの《サロメ》全曲

2011年のザルツブルク・イースター音楽祭では、リヒャルト・シュトラウスの《サロメ》がサー・サイモン・ラトルの指揮で演奏されましたが、その前にベルリンでも2回、演奏会形式で取り上げられました。ラトルにとっては、70年代にカラヤンが同じくザルツブルクで取り上げ、大成功を収めた作品だけに、力の入るところです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

スティーグ・アナーセン

ハンナ・シュヴァルツ

エミリー・マギー

イエン・パターソン

パヴォル・ブレスリク

コンサート解説

© 2011 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー