2011年8月26日
2011/12年シーズン開幕コンサート

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第7番ホ短調 (86分)

  • 無料映像

    ベルリン・フィル団員、夏休みと2011/12年シーズンについて語る (5分)

サー・サイモン・ラトルのマーラー・ツィクルス後半戦です。2011年末までに交響曲第7番から9番、《大地の歌》が演奏されましたが、シーズン開幕演奏会の第7番は、ラトルが以前から得意としてきたレパートリーです。ベルリン・フィル首席指揮者決定の直前にも演奏していますが、この年の演奏はさらに成熟度を高めています。

マーラーの交響曲第7番は、マーラー・ファンの間でも特殊な作品と考えられています。とりわけ終楽章の嬉々とした人生肯定が、マーラーのイメージにそぐわないためです。そのため長い間理解されない時期が続いていましたが、近年ではむしろ好んで取り上げられていると言えるでしょう。マーラーはあるいはこの作品を、自己の巨大趣味へのパロディーと捉えていたのかもしれません。同時に我々のマーラー観が多様化し、楽観的なマーラーのあり方が受け入れられている、と見ることもできます。

EMISir Simon Rattle appears by kind permission of EMI Classics.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する