ラトルがR・シュトラウスとベートーヴェンを指揮

ラトルがR・シュトラウスとベートーヴェンを指揮

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

ジョナサン・ケリー

  • リヒャルト・シュトラウス
    オーボエ協奏曲

    ジョナサン・ケリー(オーボエ)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    オラトリオ《オリーヴ山上のキリスト》

    イヴォナ・ソボトカ(ソプラノ), ベンヤミン・ブルンス(テノール), デイヴィッド・ ソアー(バリトン), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー(合唱指揮)

R・シュトラウスのオーボエ協奏曲は、モーツァルトやシューベルトの精神を取り入れて書かれた作曲家晩年の美しい作品です。サー・サイモン・ラトル指揮による演奏会では、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者、ジョナサン・ケリーが独奏を務めます。ベートーヴェンのオラトリオ《オリーヴ山上のキリスト》は、宗教的な敬虔さよりもオペラ的な表現に重きを置いた作品で、特にキリストが捕縛される場面でのドラマティックな音楽が大きな聴きものです。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する