コンサート

コンサート解説

サントリー・ホールは、1986年10月12日に開場しました。ベルリン・フィルは、その約2週間後にこのホールで初めて演奏。ヴィンヤード式のホールの形状は、ヘルベルト・フォン・カラヤンの助言により採用されましたが、ベルリン・フィルとのつながりは、ホールの誕生の前から息づいていたと言えるでしょう。本映像は、2000年11月の来日公演のもの。クラウディオ・アバドと共にツアーの指揮を担当したのは、ベルリン・フィルと緊密な関係にあるマリス・ヤンソンスです。プログラムは、ウェーバーの《オベロン》序曲、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番、ドヴォルザークの交響曲第8番です。ソロは、当時20歳のヒラリー・ハーンが担当しています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー