ヨーロッパ・コンサート2003はリスボンから、指揮はブーレーズ

2003年5月1日
ヨーロッパ・コンサート2003(リスボン)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ピエール・ブーレーズ

マリア・ジョアン・ピリス

  • モーリス・ラヴェル
    《クープランの墓》 (19分)

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ピアノ協奏曲第20番ニ短調 (32分)

    マリア・ジョアン・ピリス

  • ベラ・バルトーク
    管弦楽のための協奏曲 (39分)

  • クロード・ドビュッシー
    《夜想曲》より〈祭〉 (8分)

2003年5月1日のヨーロッパ・コンサートは、ポルトガルの首都リスボンのジェロニモス修道院で行われました。16世紀に造られたこの修道院は大航海時代のポルトガルの栄華を今に伝える建築で、1987年にはユネスコの世界遺産に登録されています。

指揮者のピエール・ブーレーズは、1961年1月のデビュー以来、ベルリン・フィルとは定期的に共演を重ね、その解釈の透明さでよく知られています。彼の美質は、冒頭のラヴェル作曲の《クープランの墓》ですでに現れ、そこではオーケストレーションの細部まで明瞭に聴き取ることができるでしょう。アルブレヒト・マイヤーのオーボエ・ソロも聴きものです。続くモーツァルトのピアノ協奏曲第20番では、ポルトガル出身のピアニスト、マリア・ジョアン・ピリスが独奏を務め、少々意外な組み合わせながらもブーレーズと息の合った演奏を繰り広げています。

メインの演目は、バルトーク作曲の管弦楽のための協奏曲。1人1人のメンバーがソリスト級の腕を持つベルリン・フィルにとって、まさにうってつけの演目です。ブーレーズはこう語っています。「私は演奏中に時々、音楽家がより多くを表現しようとしているのを聴き取ります。そういうときは、その人に委ねます。ベルリン・フィルは強い個性を持つ集団ですし、それぞれが曲についてしっかりした考えも持っていますから、私はそれを受け入れるのです。その個性に抗うのは良くないですから」。熱狂的な拍手に応えて、ブーレーズ指揮ベルリン・フィルは、ドビュッシーの夜想曲から〈祭〉をアンコールに演奏します。音楽の祝祭にふさわしい締めくくりです。 

EuroArtsRecorded at the Mosteiro dos Jerónimos, Lisbon
© 2003 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する