8月25日まで限定 「12ヵ月チケット10%割引」

ルツェルン音楽祭2015からの中継:ラトルのモーツァルトとハイドン。ソロは樫本大進!

2015年9月2日
ルツェルン文化会議センター

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

樫本大進, アミハイ・グロス

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調 K. 364 (37分)

    樫本大進ヴァイオリン), アミハイ・グロスヴィオラ

  • ヨーゼフ・ハイドン
    交響曲第45、64番、第90番、及び《天地創造》、《十字架上のキリストの最後の7つの言葉》からの抜粋による想像上のオーケストラの旅 (57分)

ベルリン・フィルがサー・サイモン・ラトルと共にルツェルン音楽祭2015に客演しました。プログラムは、ベルリン・フィル団員である樫本大進(ヴァイオリン)、アミハイ・グロシュ(ヴィオラ)をソロに迎えた、モーツアルトの協奏交響曲変ホ長調と、ハイドンの交響曲、オラトリオ、宗教曲をパスティッチョ風にまとめた「想像上のオーケストラの旅」。ラトル自身の構成によるもので、ハイドン指揮者としての彼の才気が光ります。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する