バレンボイムがエルガーの《ゲロンティアスの夢》に挑戦!

ベルリン国立歌劇場の音楽総監督ダニエル・バレンボイムは、ベルリン・フィルにも頻繁に客演しています。今回の演奏会では、イギリスの作曲家エドワード・エルガーのオラトリオ《ゲロンティアスの夢》が取り上げられました。エルガーが43歳の時の1900年に完成したこの作品は、死への恐れと神による魂の救済を、カトリック教徒として熱烈な信仰の力でまとめ上げた大作です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ダニエル・バレンボイム

アンナ・ラーソン

イアン・ストーレイ

クヮンチュル・ユン

ベルリン放送合唱団

コンサート解説

© 2012 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー