年末年始キャンペーン:2枚組特典DVD付き12ヶ月チケット
ご購入者に次期首席指揮者キリル・ペトレンコの非売品DVDをもれなくプレゼント!
注文はこちらから

2015年10月16日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

アンネッテ・ダッシュ, エーファ・フォーゲル, クリスティアン・エルスナー, ディミトリー・イヴァシュシェンコ, ベルリン放送合唱団

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第9番ニ短調《合唱付き》 (76分)

    アンネッテ・ダッシュソプラノ), エーファ・フォーゲルメゾソプラノ), クリスティアン・エルスナーテノール), ディミトリー・イヴァシュシェンコバス), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮

  • 無料映像

    サー・サイモン・ラトル、ベートーヴェンの交響曲について語る (54分)

サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルのベートーヴェン・ツィクルスの最終日は、言わずと知れた交響曲第9番です。「第9」は、ピアノソナタ第29番《ハンマークラヴィーア》、ミサ・ソレムニス、ディアベリ変奏曲といった革命的な作品群と同時期に生まれ、オーケストラ音楽においてはベートーヴェンの最後の大きな挑戦となりました。空虚五度の和音で始まる革新的な第1楽章、そしてシラーの詩『歓喜に寄す』による合唱と独唱を伴う終楽章を始め、後世の交響曲作曲家に与えた影響は計り知れないものがあります。

ラトルはこの曲をベルリン・フィルでも度々取り上げ、デジタル・コンサートホールにもすでに2種類(2013年のマドリッドでのライブと2014年のベルリンの壁崩壊25周年の記念公演)がアップされていますが、特に興味深いのは終楽章。合唱のアクセントに工夫が凝らされています。ラトルの読みが徹底した、たいへん聴き応えのある解釈です。
 
オーケストラと共演するのはベルリン放送合唱団と、ソプラノのアンネッテ・ダッシュ、メゾソプラノのエーファ・フォーゲルなど国際的に一級のソリストたちです。バスのディミトリー・イヴァシュシェンコは、すでに2013年にヴァルトビューネでの「第9」公演でラトル指揮のベルリン・フィルと共演しています。 

Sony ClassicalAnnette Dasch appears by courtesy of Sony Classical.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する